Skip to content

心理的なものから来る催眠療法について

催眠療法の中でも、心理的感情からくる要素に重点を置いたものを言います。人は過去に暗い経験をしたことがある人が大半です。一度経験したことはなかなか忘れられず、深い傷となって心にずっと居つづけるものが少なくないです。過去の経験を乗り越えて、楽しく生活していくことができるようになることが、一番の催眠療法です。過去の経験を乗り越えるコツとしては、毎日楽しいことを考えることです。友達と話して楽しい気分になったり、映画などを見て、楽しく暮らすことで、暗い経験をおもい出すこともなく、安らかな眠りにつくことができます。ネカティブ思想にならず、常にポジティブでいることが一番です。難しいと思う方は、常に辛いことよりも、楽しいことの回数が上回るように意識することです。楽しいことを見つけることで、新たなる楽しみの元となるので、非常に効率的です。常に楽しいことを意識することが、催眠療法といえます。

催眠療法を受けました

仕事の人間関係や、ミスが続いてしまい、いつの間にか仕事に行くのが嫌になっていました。ストレス発散に向けて色んな対策をしても、仕事の事を考えるとため息しかなく、だからと言って辞めると家族に心配をかけるので、一度カウンセリングに行く事にしました。友人から聞いていた催眠療法を受ける為です。カウンセラーの方に相談すると、すぐに受ける事が出来ました。ふわふわしたベッド式の椅子に座り、アイマスクを渡されたので、つけるとそれだけで普段の自分を忘れる事が出来ました。催眠療法士の方がとても癒される様な声と話し方で緊張も取れ、途中何度か眠ってしまった事もありますが、約2時間程受け終わりました。何度か通っていると、日頃の気になる事が小さな事だったんだなと思えるくらい前向きになり、ネガティブだった自分がポジティブな自分に生まれ変わりました。

催眠療法を子供が受けました

高校生になる息子はなかなかバイトが続かず、いつの間にか家に引きこもる様になりました。そこで、一度自分が受けて良かったなと思えた催眠療法をしてもらえる施設に連れて行きました。初めは嫌がっていたのですが、カウンセラーの方と息子の性格が合うみたいで、息子は親の自分よりも何でも話せるようになっていました。そしてベッドに寝て、催眠療法を受けたそうですが、気持ちがすっきりして、その間はいつもの自分ではない素直な自分になっていた様です。そして何度か通っているうちに、家の中にいても何も始まらないと学校に通う様になりました。息子の姿を見ているといつの間にか暗い息子から明るい息子になったなと思えました。それからは、すぐにバイトも見つけて、上手くいっている様で、息子自身も生まれ変わったと言っていたので、心からよかったなと思っています。

当社の悩みとしては、お客様の様々な悩みに対応可能ということであり、数多くの実績があるということです。 心理学と脳生理学に裏付けられた効果的な催眠、瞑想手段をお届けいたします。 最近気分が優れない方、信頼の実績を誇る当館の催眠療法を受けて心をケアしませんか? サービス概要はシューズの販売であり、大人気の定番商品から、流行の商品まで様々なシューズを販売しています。催眠療法は東京のラディアンスにご相談ください。